スポンサードリンク

電脳卸WEBサービスで使うプログラミング言語について。

電脳卸WEBサービス(DWS)のAPIを利用したWebアプリケーションソフトを開発するには、プログラミング言語でいくつか選択肢があります。

まず、プログラミング言語には、サーバー側で動作するものがあります。

例えばPHP言語、Perl(パール)、Python(パイソン)です。

これらはレンタルサーバーでもサポートされていることが多いため、
使い易いプログラミング言語です。

特にPHP言語は、電脳卸WEBサービスにサンプルプログラムが掲載されているので、
プログラミング初心者が使い易いと言えるでしょう。

もちろんPHP言語だけでも、Webアプリケーションソフトを作ることが可能です。

ただし、サーバーとのやり取りが同期通信なので、画面の切り替えが発生します。

そのため、ユーザーにとってはわずかですが待機時間があります。

もう一つの方法は、Webブラウザ上で動作するプログラミング言語で開発することです。

代表的なのが、JavaScriptです。

JavaScriptはAjaxの中核技術で、サーバーとのやり取りは非同期通信を行いながらプログラムを動かせます。

ユーザーにとっては待ち時間を感じにくいメリットがあります。

さらに jQuery や prototype.js などのAjaxフレームワーク(JavaScriptライブラリ)を利用することで、プログラマーは楽にプログラムが書けます。

そしてユーザーにとっても操作性の良いWebアプリケーションソフトが作れるようになります。

特にjQueryのUI(ユーザーインターフェース)は秀逸です。

アイデア次第では、商品画像を動かしたり、いろんな効果を加えるなど、
面白いWebアプリケーションソフトが作れるかも。

ただし、電脳卸WEBサービスAPIからのデータ取得はXMLを使うため、工夫が必要になります。

Ajaxプログラムは、基本的に同一サイト上のデータ取得に限られるからです。

使うレンタルサーバーから見ると、電脳卸WEBサービスAPIは外部のサーバーですからね。

そのため、Webサーバー上にPHP言語などで、中継プログラムを置く必要があります。

つまり、電脳卸WEBサービスAPIから返されたXMLを一度、
PHP言語で自分のレンタルサーバー上のXMLにするわけです。

以下のWebアプリは、
http://ws.bzen.net/den064/

サーバー上はPHP言語でXMLを中継し、
Webブラウザ上は、JavaScriptで、
Ajaxフレームワークのprototype.js を使って作っています。

このように取得した商品画像や、その他データを、
jQueryのUIの様々な機能を使って表現すると、面白いものが出来そうです。

スポンサードリンク






電脳卸Webサービス初心者入門講座 TOPへ