スポンサードリンク

電脳卸WEBサービスの最新バージョンへの対応について。

電脳卸WEBサービス(DWS)のAPIは、バージョンが新しくなることがあります。

特に古いバージョンのDWS2.0を使っていた人は、対応が必要になります。

でも安心してください。

APIの基本的な使い方は、DWS2.0とDWS3.0では、ほとんど同じだからです。

とは言っても、やはりちょっとは違う部分もありますので、注意が必要です。

以下に、主なポイントをまとめておきます。

・アクセスキーは同じです。
DWS2.0とDWS3.0は、共通のアクセスキーでOKです。

・APIのURLが変更になりました。


もしプログラム中で、古いAPIを使っている場合は、

URLの変更が必要になります。

・リクエストパラメーター(検索条件)が変わりました。
新しく追加されたパラメーターもあれば、
変更があったり、削除されたものもあります。

詳しくは、リクエストパラメーター一覧をご覧ください。
例 Ver 3.1の場合
http://blog.d-064.com/dws3/?page_id=501

APIのバージョンによって、使える項目が異なります。

・レスポンスパラメーター(検索結果のXML)が変わりました。
こちらも、追加、変更、削除があります。

例 Ver 3.1の場合
http://blog.d-064.com/dws3/?page_id=509

詳しくは、レスポンスパラメータ一覧一覧をご覧ください。

リクエストパラメーターとレスポンスパラメータは、

電脳卸WEBサービスのバージョンによって変化があります。

最新版は、開発者向けのブログで確認したほうが、確実です。
http://blog.d-064.com/dws3/


ps:
幸い、現時点2015年1月11日では、DWS2.0でもXMLを返すようです。

過去の記事はそのままにして、今後はVer 3.1で解説します。

スポンサードリンク






電脳卸Webサービス初心者入門講座 TOPへ