スポンサードリンク

電脳卸 リクエストパラメータについて。

電脳卸WEBサービス で API にリクエストする時の、リクエストパラメータについては、ダウンロードしたマニュアル(DWS ガイド)に、詳しく書かれています。

dws-25.gif

マニュアルを見ると「accesskey」は必須ですが、その他のパラメータは省略できます。しかし sword(検索対象ワード)だけでも指定したほうがいいです。


【1】前に使った利用例で、リクエストパラメータの基本的な使い方を説明します。

・例 「化粧品」

http://webservice.d-064.com/2.0/ProductSearch.php?
accesskey=あなたのアクセスキー(アクセスコードのこと)
&sword=%E5%8C%96%E7%B2%A7%E5%93%81
&sort_mode=0
&sort=0
&offset=30
&page=1



(1)商品情報検索API のURLです。

http://webservice.d-064.com/2.0/ProductSearch.php?


(2)販売店ごとに与えられた、アクセスコードを指定している部分です。

accesskey=あなたのアクセスコード


(3)検索対象ワードを指定している部分です。

&sword=%E5%8C%96%E7%B2%A7%E5%93%81

検索対象ワードは UTF-8 形式でエンコードします。これは URL に使える文字の種類が限られているため、URLに使える文字列に置き換える必要があるからです。

エンコードは以下のサイトから行なえます。
エンコード・デコード

・例
dws-27.gif


(4)ソートの条件を指定している部分です。

&sort_mode=0

0:新着順(標準値) 1:価格順


(5)ソート順を指定している部分です。

&sort=0

0:昇順 1:降順


(6) 1ページに表示する商品数を指定している部分です。

&offset=30


(7)ページ番号を指定している部分です。

&page=1


【2】検索対象ワードを変えて、様々な商品の XML データを取得してみてください。

*検索対象ワードはエンコードしてください。


【3】またソート条件、ソート順、1ページに表示する商品数、ページ番号を変えてみて、データがどのように変化するのか確認してください。

XML データの取得に慣れることが目的です。


スポンサードリンク






電脳卸Webサービス初心者入門講座 TOPへ